伊豆山開運コース ——◆ 大正11年(1922)帝国ホテルの副支配人も勤めた岸衛氏によって開業します。岸氏はその後熱海市長、衆議院議員も務め、日本の観光事業に尽

熱海ホテル跡地
大正11年(1922)帝国ホテルの副支配人も勤めた岸衛氏によって開業します。岸氏はその後熱海市長、衆議院議員も務め、日本の観光事業に尽力。そのホテルも終戦間際に海軍病舎となり営業休止。しかし、創業の翌年、1923年(大正12年9月1日)、早くも関東大震災の被害で営業停止。1930年(昭和5年)新たに山田馨氏によって設計されたスペイン風の建物に改装されます。スパニッシュ様式の美しいホテルだったようです。戦後は国際興業が経営しましたが、1977年(昭和52年)解体。現在更地となっています。つわものどもの夢の跡、といったところでしょうか。戦前の物理学者・寺田寅彦の数ある随筆中、「箱根熱海バス紀行」(昭和10年)には、”朝の9時半に家を出て箱根で昼飯を食って二時に熱海に来た。そうして熱海ホテルでお茶を飲んで・・・”という記述があります。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする